☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< 2009-08- | ARCHIVE-SELECT | 2009-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

46鞍目 アグル (B馬場5)

戦闘機飛んじゃう日のしめくくりのお相手は

『 アグル  』

前回頭絡つけようとしたら『むひ、むひひ~』と静かに抵抗したおじさん、アグル。

この日も馬装しなくちゃで、厩舎から出すときも結構嫌そう。
この時間、夕食中なことが多いからなかなか出てくれないのよね。

でもがんばりました。
なんとか洗い場へ。
そして、リベンジ、頭絡を。

ほっ。
今回は『むひ。むひひ~』って言わなかったぁ。
口はなかなかあけてくれないけど、前回指導員さんにヘルプ~ってした時、やってたやり方を思い出してみたらなんなく終了。

やればできるじゃない。アグルさん。

レッスンは3頭でした。
うちひとりは私のお友達。

いい感じで速歩したり、正反動したり。
だけど、なんか指導員さんのこと苦手なのか、走ってて、指導員さんの前を通過する時だけ、耳がぎゅーっと寝るのね。
そこだけ。
走りながらそれ言ったら
『俺嫌われてるのかなぁ・・・』とちょっとさみしそう。
いえいえきっと違いますといいたいとこだけど、そうかも知れないわ。

アグルの正反動は乗りにくいかもと指導員さん。
まだ、わけがわからない私が必死に乗ってたら『いけてるかも』と優しいお言葉。
私が先頭だったから、走り続けてへとへとに。

『だいじょうぶ?そろそろとまる?』

とまたまた優しい指導員さん。

『だ、だいじょうぶ~、はぁはぁ』

全然だいじょぶじゃないけど、がんばります

正反動終わって、常歩に速度を落としたら、何が起こったのか、アグルに火がついたぁ

なんだなんだ。
跳ねる馬には慣れてきた私だけど、今回はなんだか違うぞよ。
うきゃ、落ちる?かも?って本気で思った。
そして、落ちない?って思った時には、駆け足アグル~
パカラン、パカラン・・・
ひょえ~~~~っ。

『がんばって、たえて~

またまた優しいお言葉を。

『うっ、うんがんばるっ

常歩に戻ったけど、いつ走り出すかわからないくらいやる気満々アグルさん。

そこで、指導員さん、またまた体はってくれました。
ムキムキなアグルに正面から向って行って、一度止め、『ホーホー』って優しくなでながら落ち着かせてくれました。

まるで、車の前にたちはだかって

『僕は死にましぇんっ

の武田鉄矢さんのように(古い??)・・・

いやぁ、体当たりな優しさ、
『惚れてまうやろ~っ
って言ってしまいそうですよ。

そしたらアグルもだいぶ落ち着いて。
あれ?
アグル、指導員さんキライなんじゃ???

まいっか。

私がアグルと一緒に跳ねてた姿を見たお友達。
『ほんとに跳ねてたよ~』って。

うん、なんか後ろ足だけじゃなくて、前足も跳ねてたような気がする。

えーいっ。
技術より度胸がどんどんつくんだっ。

いいんだっ。

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。