☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< 2009-12- | ARCHIVE-SELECT | 2010-02- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そして駈歩

 馬場のレッスン終了後、私とドペは居残り。
一番はしっこの馬場から反対側の一番はしっこのサークルにドペに乗ったまま移動します。

この試験する場所。
ここを指導員さんが選んでくれて本当にうれしかった
だってビギナー駈歩の場所はいまいちドペ的には嫌いっぽいんだもん。

さ、常歩を元気にします。

とりあえずドペには
『ひとりじゃないよ。私いるよ。だいじょうぶだよ
と声かけ。

B駈に選定で出てきて乗ってから今日まで。
部班ではいいけど、1頭になるとやる気なくすドペ君。
テストのために1頭で練習してみたけど、ほとんど駈けれなかったね
それもすべては私の力不足。
でも今まで一緒にレッスン受けたことはほんとに楽しかったし良い経験になったんだよ。
いろいろ思い出すね

そんな状態で今日を迎え、そして試験です。

もうね、ドキドキ。

『はい、じゃ、速歩』

駈歩を見る指導員さん、そしてありの担当指導員さん、そして、ドペで受けるということだけで応援しに来てくれた指導員さんと馬場の外からエールを送ってくださる厩務長さん。

いやぁ~、プレッシャーだよぅ

『速歩、もっと元気に~』

いよいよです。

『じゃ、駈歩行きましょう。』

はいっ。
おとと・・・

ちょっとタイミング合わない。

鞭も使って、力ためてっ、ゴーっ!!

うわっほ~い。駈けたよ、駈けたよ
なにがなんだかよくわからないけど、駈けた。
少しゆっくりになりそうだったから、鞭。
そしたら止まっちゃった

『あ~、今の鞭、あれいらなかったですね~
と指導員さん。
なんか和気あいあいな感じで楽しくなってきたぞ。

鞭を入れることによって私の手が動いてしまう。
それで止まっちゃったんです。
鞭のタイミング難しい。

もう1回。

よし、発進。
今度はスムーズ。

とにかくいつも言われてたこと。脚を離さず、圧迫を意識。
そして
『ドペ、がんばれっ、がんばれっ、もうちょっと、もうちょっと
ってひたすら話かけてた私。

外の指導員さんたちも応援してくれてます。

継続しましたぁ
もうこの時点で、心臓ばくばく。

鞭を使うタイミングのアドバイスを受け結果発表。

『・・・合格~!!

やったぁ。
みんなおめでとうって言ってくれてる。

私は緊張がとけたのと、嬉しいのと、ドペにありがとうな気持ち、そして、簡単に駈けるおすすめな馬ではなく、誰もしたことないことへの挑戦をさせてくれた指導員さんへの感謝の気持ちが一気にあふれてきて、ドペの首の上で号泣してしまいました。

あ~、恥ずかしい。
指導員さんたち笑ってるし~。

でも本当に嬉しかったんだもん。
ドペは直前で疝痛になって乗れなくなったり、これだっていう確信ないままだったから。

ほんとよかった。
ドペールに私の気持ち伝わってたのかな。
いっぱい応援したんだよー。


他にも馬場の入り口から、遠いけどエールを送ってくださってた指導員さんもいて、
『パワー送ってましたよ~』って言ってくださったり。
もうほんとみんなに応援してもらって私、幸せものです。

たぶん、少し、自分の中でなにかが成長したような気がします。

応援してくださった指導員さん、そして不安な気持ちをいっぱい聞いてくれたり当日にがんばれメールをくれたお友達たち、チャレンジさせてくださった先生、そしてドペール。
本当にありがとうございました。



よーし、次は3級めざしてがんばるぞー!!






スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。