☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< 2010-06- | ARCHIVE-SELECT | 2010-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ささのはさ~らさら

 
気がついたら今日は七夕だね。
天の川、例年のごとく見れないなぁ。
クラブに短冊あったけど書き忘れた。

鹿児島行ったときホーストラストの方が、ここでは年中天の川が見れるって言ってた。
それもすごいぃ


おとといは馬友さんと飲みにいきました。
楽しかった。
仕事終わって集まったから遅い始まりで朝までコース。

いっぱい話して笑って、久しぶりにすっきり。
おまけにほんとに仲良しさんの前でしか歌わない私がカラオケで歌ってしまった・・・
あー恥ずかしい。
ということでみなさんはほんとの仲良しさんってことになりました


徹夜は20代のころは照明の仕事でバリバリしてて、2日間とか平気だったけど、さすがに~っ。起き続けてればいいんだけど、1回寝るとダルぅ~。
夕方までごろごろしちゃったよ。


その前の日はヤマト時代、私はクールの作業指揮、彼は一般宅急の作業指揮をしてたんだけど、その人から突然の電話。
ははぁ~、繁忙期入ってストレスたまってますねー。

とまらないとまらない。

しまいには

『だからさ、帰ってきてよ

の繰り返し。


あはは。
確かにロッカーにまだどうでもいい荷物のこってますけど。
そんななのに誰も何も言ってこないですけど。


今は嫌だもんねー。


馬のお仕事するようになって、人とのストレスが激減。
そりゃそーだ、ヤマトでは繁忙期は1日50人くらいの人に指示だしてた。
みんなの動きを常に見てなきゃいけなかった。
んでもって、その時の荷物の到着状況によって動きを変えなきゃいけなかった。
電話の彼と連絡とりあいながら。
クールは2階、宅急は1階だったので常に連絡とりあわなきゃいけなかったのだ。
そして上からの意味わからん理不尽な要求。
8時間で燃え尽きる毎日だったなぁ。

しかも高校生から定年退職された方まで幅広い年齢層のアルバイトさんが一緒に働くところ。精神的にみんなが働きやすい所にしようって心がけてました。
ちょっといつもと違うってとこに気がついてあげようって。
なにか思ってることあっても言えない人けっこういるんだよね。

仕事さえしてくれればいいって思ってる上司もいたけど、毎日顔あわせるわけだし、体力勝負だし、そうじゃないんじゃないかなって私は思ってた。
だからメンタルヘルスマネジメントの資格とったりしたんだよなぁ。

アルバイト君たちとはけっこう話したな。
バイト同士のいざこざに入ったり、仕事ぶりがよくない年配の人と話あったり・・・
白髪ふえますがな。


今はそういうストレスないな。
動物好きな人にそう悪い人いないし、嫌なことあったとしても馬たちが癒してくれる。
そして何より、馬好きな馬友さんがたくさん増えた。


新しい出会いを大切にしなきゃ



だから、ヤマトには戻らないんだもんねーっ


・・・とか言っていつかバイトしてたりしてっ


スポンサーサイト

| 未分類 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。