☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

☆祝 復帰☆

 
ぱぴょ~ん、ドスッ、ビリビリピキピキ……… なんか痛いよぅ



あれから、約3ヶ月。
待ちにまったこの日が来ました。


長かったぁ~



☆501鞍目☆


まずは復帰マンツーマンレッスン。
馬は選定、ゼルコバさんでした。


たぶん2年いて1回しか乗ったことないゼルさん。
4級試験受けるならゼルコバおすすめなスーパーホースだったよね。

しかし、私はあまし仲良くできた思い出がないかも。
なんか熱くさせちゃった気がする……


Yちゃん先生にも

『まぁ、ありさんはまずあたらないでしょうね……

って……言われた。



そんなゼルコバさんとのレッスン。
最初は緑の馬場で。

しかし、この日虫が普段より多かったらしく、ゼルさん、虫に気とられて追い払うのに必死。常歩しながらも 

『あ~、虫っ。イライラするわ~っ

と言っては(言ったかしらんが)とまり、追い払う。


おいっ、行くよっと行っても、

『今それどころじゃないっ。ほんと苛つくわっ』

って忙しい様子……


速歩したけど、何度か止まり、虫に

『とりゃっ、うりゃっ』

っと乗ってる私のことそっちのけで鼻でつぶす攻撃に入り、ぐわ~んっ、ぼわ~んって私の体はトランポリンに乗ってる感じ。


そのうち、

『あ~~~。もうあかんっ(←なんで関西弁??)』

地団駄し始めた。
そして

『なな、1回降りてくれへんか??』

『な?聞いてっか?降りろって言ってんねんっ


軽くロデオ始めた……



あの……


ゼルコバさん、今日のお役目忘れたでしょうか?
ゼルさん、復活マンツーに適していると大抜擢されたのに……
のに、下がる~、まわる~っ、跳ねる~っ。

どんな時にもしっかり対応しろよって言われてる気がして、ドキドキしてた心も、なんでもこーいって肝がすわりましたわ。


しかし、跳ねっぷりが危なかったし、さすがの私も悪夢がよみがえりそうだったので、普段のB駈歩のサークルへ移動。



したら、ゼルさん、いたって真面目。


『ここ、ここ、ここが俺の場所。ほいっ走んのか??』


サクサク速歩を始め、駈歩まで。
両手前やりました。


私の脚が弱いから余計に我がままさせてしまったんだろうなぁ。


久しぶりに乗った感想。


うふふ。
楽しかった。
どこかにまだ、急になにかが起こったらやだなっていう怖さはあるんだけど、それより馬に乗せてもらってる嬉しさの方が強かった。

左足君は、鐙が踏めなくて四苦八苦。
すぐずれたり、ぬげたりしちゃう。
けっこうへこむ~っ


ふくらはぎの筋肉も相当落ちてるからこれは乗って鍛え直すしかないね。
普通の反動の馬でも高く感じちゃうんだもん。



がんばらなきゃっ。



そしてそのまま1つあけて、足の感覚をもどしたいっともう1つレッスンいれました。



☆502鞍目 レイラ A馬場☆



はじめましてなレイラさん。
見るからに牝馬って顔してる。
そして何故か口かご。


12頭の大所帯レッスンでした。


私はとにかく感覚もどすことを中心に。


レイラ、反動高くないみたいなんだけど、私にはすごい高く感じる。
軽速歩でぐわんぐわんしちゃって、最初どすどす座ってしまって、

『あ~もう、ごめんね、レイラ、ほんとごめんっ

ってずっと謝りながら乗ってました。

途中から慣れて来てだいぶ落ち着いた感じ。


もう真剣、自分の世界入りっぱなしなレッスンでした。


レイラはそのままお手入れ。
汗いっぱいかいていたので丸洗い。

おとなしくいい子にしててくれたので、フルコース(すみからすみまで、そしてしっぽとたてがみのケア付き)のお手入れしました。

首洗ってるときのうっとり顔がかわいかったぁ



そんなこんなで復帰の日は無事終了しました。


足は帰ってひたすら冷やしてます。
腫れるのは仕方ないから。


さー、がんばっていこーっ。



あ、そうそう、ラブエースちゃんに会えました。
声かけてくれてありがとうねっ






スポンサーサイト

| ☆乗馬日記☆ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。