☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

沼の主、クーちゃん


クーちゃんの部屋のウォーターカップの調子がずっと悪くて、気づけばあふれてる。
その度に汲み取って減らしてたんだけど、ずっと見てられるわけでないし。


おととい、3人がかりで調節したけど、昨日の朝、クーちゃんのお部屋は沼に
だめだったらしい……

お部屋から出したクーちゃんの蹄底は、湿度100%
蹄叉腐乱気味だから、これじゃよくなるものもならんよ……
くぅーっ


とりあえず、練習へ。
今日は4頭で部班でした。
しかーも、大先生。
私、初めて

みんな緊張気味。
自馬のL君のママは先生にいつも何番目と聞かれて
『13番目です…』
って。

先生はレッスンの馬の順番聞いてたらしいのに、緊張して鐙の長さ答えちゃったL君ママ。
可愛すぎますっ♡


誘導たくさんやって楽しかった。
中央線入って右へ、左への巻乗り。
4頭いるからそれぞれが馬間距離みて回らないとつまるし、4頭が中央線上に乗り切らなきゃいけないし。

そ、そうそう

最初に先生が
『じゃ、軽速歩して』
って言ったその言葉を聞いた瞬間、クーちゃんがシャキンッてなった。
そして、速いっ。
まさに、前に出るって感じ。

先頭のL君もいつもと全然違う速さだったって。
ストライドの大きいL君についていくの大変だった〜。
クーちゃんは始終元気で、駈歩なんか飛びそうで詰めて詰めてで疲れたし。

他の2頭も元気で、長蹄跡で私の後ろの馬が内側から私たちを抜かしていった……
マジか??制御不能になってるのか?


そのまま順番入れ替わったまま、続け、途中でまた戻り、駈歩での各個に巻乗りで前と後ろとの距離はかって入ったけど、思いのほか後ろの人が失速してて、歩度詰めてみたりぶつからないように少し大きくまわっても、私とクーちゃんの行き場がなくなり……
戻れませ〜んっ。
蹄跡に出てから1番目と3番目の間に声かけて意地でも合流したけどねっ。

でも、そういう時、とまらせず、動かす、続けるってことをしなきゃいけない、気合いが入ります。
そして4人馬が先生の機嫌損ねないように必死にお互いを気遣ってる雰囲気漂ってて、1つになってて面白かった


大先生のレッスンもいいな。
馬達がこんなにも違うってのに4人とも実感。
馬は大先生が一番えらいってわかってるんだろうね〜


レッスン終わってお手入れ〜。
幸せ時間
しかし、蹄綺麗にして薬ぬってもあの部屋じゃなぁ……

意を決して、大先生に相談。
見てみようって見てくださった。


工具が欲しかった先生。
『これがまわせる先が細くなるあれ持って来て』
言われたTさんの頭は???

先が細めの工具をいろいろ持って来たが
『違うよ。あるだろ、先が細いあれがあそこに
と却下。

『どこでしょうか?』
とTさん。

『あそこだよ。わかるだろ、あそこにあるだろ


この会話高度すぎて私にはちんぷんかんぷん

そのうち、待てなくなった先生は
『あーーーっ。あそこだよ!!
しびれを切らして自分から探しにいっちゃった。

いやいや、わかんないからっ。
2人の会話聞いてて思わず笑ってしまいました


ここのスタッフさんたち大先生を筆頭に主語がないことが多いのね。
空気でわかれ、あうんの呼吸でわかれって感じなのか、たまに私も混乱します。

『ほら、芦毛だしちゃって』

って最初に言われた時は、芦毛君って6頭いますが……
どの芦毛でしょう??って思ったもん。


先生のお好みの工具はモンキーでした。
ささっと調節してくださって、パッキンみたいなのを取り替えてくださったら、あら不思議。
ダダ漏れしてたのが丁度いい水位で止まったよ。


もう感謝感激雨あられ(←ふるっ)です。


そしてこの沼をどうしよう



グルーム隊長、次元ことKさんに、人が少なくて大変なの承知で、私が自分でするからチップ換えてもいいか、なんとなーく聞いてみました。
その時はいいともダメとも言わず……


ま、とりあえず、Tさん、Kさんも忙しいのわかってるから、今日は乗るだけの日だけど、夕方の厩舎作業手伝おうかなって始めてたら、

『ウィ〜ン、ガガガガ。ウィ〜ン……』


ん??
見たらKさんがクーちゃんのお部屋のチップを機械で出してくれてる!!
忙しいのに、自ら出してくれてる。


優しいのね。
さりげない優しさ、次元だけある。


その後、少し離れたとこにあるトラックに積んであるチップをわざわざ取りにいってくださって、やはり、Kさんが新しいの入れてくれた。


感謝です。ほんとありがとうです
その時、私はまだ厩舎作業中だったんだから手伝えなくて。


ふかふかのお部屋になったー。
よかった。
これで一安心。
もう漏れないでね。
クーちゃんの蹄、よくなりますように♡


乗るだけの日だから、厩舎やらないぞ〜って意気込んでいったものの。
人がいない大変さは私が一番わかってるからな〜。
結局、時間の許す限り手伝っちゃった。
私がやれば、2人は少しでも楽になるって思うとね。


夜はれこりんと久しぶりのごはん
ジョナサンで気づいたら3時間。
笑ったね〜っ。
しゃべりすぎ、笑いすぎっ、なんかいろいろスッキリしたぁ。
私たち面白すぎだわ。

スポンサーサイト

| ☆乗馬日記☆ | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。