☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

シービスケット

 
シービスケット


接骨院の先生にすすめられた映画。
大恐慌時代にあった実話。


よかった。



途中、骨折した馬を射殺しようとするシーンがあって、間際に止めさせて、その馬を譲り受ける人が

『ちょっとのケガで命あるものを殺すことないさ。走れなくたって誘導馬はできるかもしれない。いや、ただいるだけでもいい

っていうセリフにどーんってきた。
(昔は射殺だったんだね


こんなにいろんなものが進んでいるこの時代でも助けてあげられないことがある。
馬の予後不良に関しては納得しがたいこともあるよね。
ほんと悲しい。


映像が迫力あって、綺麗で素敵な映画でした。
あんな広い草原を駈け抜ける、気持ちいいだろうなぁ。
大画面で見たかった。


これが70年ほど前の実話なんだもんね。
レースシーンは実話に忠実にするために、コーナー取りなどのリハーサルを1週間かけて、騎手役の人が馬なしで何度も何度も位置の確認したんですって。
メイキングも興味深く見ました。
人間だけじゃない、犬でも猫でもない、馬を使うって本当に大変だったと思う。


見終わって思ったこと。
馬に出会えてよかった。
今、携わっている馬達、そしてこれから出会う馬達。

たくさんの中のほんの一部の馬だけど、

『いつもありがとう

の気持ちをこめて、精一杯のお世話をしたいと心から思いました。


素敵な映画をすすめてくださってありがとうございました。
馬友さん、おすすめです
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

シービスケット、私も観たよ!良い映画だよね。でも乗馬やってなかったら食い付かなかったと思うなぁー。今は馬の映画ってだけで観たくなる(´∀`)♪



去年、神保町の名画座で、「馬」って昔の邦画やってて観に行ったよ♪

ひたすら馬との生活を描いた、長くて地味~な映画だけど、実際馬の成長とともに撮影してただけあってリアリティのある映像だった。最後は軍用馬として徴収されちゃうんだけど、戦時中に作られた映画だからそこまで悲哀感はなく、「立派にお国のために働くんだよ~」的な別れの惜しみ方 だった。

| rinrin | 2010/06/01 12:08 | URL | >> EDIT

No title

>rinrinさん



いい映画だよね。



邦画で『馬』

渋いねぇ。



動物でる映画はなんか悲しくなること多くてあまりみたくないんだけど、悲哀感ないなら見てみたいな。



またなんかおすすめあったら教えてね。

| あり | 2010/06/01 14:19 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://shinyhorses.blog.fc2.com/tb.php/344-9a1ef062

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。