☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょこっと旅 in 山梨〜温泉巡り編〜

雨な日々だったため、ドライブをしつつ、温泉に入ろうって提案が。
宿でいただいた、周辺マップとあいほんを頼りに出発。

こういう時、あいほんって便利ですね。
温泉さがす無料のアプリがあって、口コミも書いてあって。

なんとなーく走っていたら『天女の湯』という看板発見。
清里の近くです。
このころ雨は本降り。
入ってみようといざっ。


綺麗でもなく汚くもなく、普通な脱衣場。
露天風呂には屋根がないので、雨にうたれる……
ナトリウム、炭酸水素演塩化物泉。


onsen.jpg


こんな感じ。

ここのおすすめは、内湯の温度が高めでお湯がまろやかな感じ。
めちゃくちゃあったまりました。


そして、宿と同じ系列の所の温泉も入れると聞いて、夜はそこへ。

『花いずみの湯』

sp_img01.jpg


ここの温泉はぬるめ。ナトリウム、炭酸水素塩塩化物泉だそうです。

露天に虫取りの網がおいてあって
『虫さんや、葉っぱさんが溺れていたら助けてあげてください』
って書いてあった。

こういうのいいな。


次の日も雨……
雨の日の紅葉もいいもんだね。(紅葉編はのちほど)

雨じゃなぁ。

よし、温泉だ!!

この日は蓼科方面へドライブ。
白樺湖を見にいきました。
が、なんなのこの閑散とした白樺湖周辺。
アミューズメント施設があるけど、しーーーーーーーーん。
宿もしーーーーーーん。
車もほとんど走っていない…

ひゅるり〜ひゅ〜るら〜
さむっ。


さむくなったら温泉だ!!


あいほんユーザーもおすすめ

『音無の湯』

弱アルカリ性単純温泉

ここは日帰り温泉施設。
けど、おしゃれです。

IMG_0246.jpg


この看板、そばととうふが目立ちすぎっ。

車がけっこう止まっていたから混んでいるかと思ったら、中には1人しかいませんでした。

露天風呂がね、素敵でした。
目の前に音無渓流が流れてるんです。
紅葉も綺麗で、川の流れる音を聞きゆったりお湯につかる。
少し高い石に座って休めば、川も見れます。

あと樽風呂も2つあったよ。
他には別料金ですが岩盤浴とかもあるみたいです。


そのまま、もう1つ気になった温泉へ向うことに。
日帰りでも予約が必要。
ま、とりあえず行ってみて、だめだったらやめようって軽い気持ちで出発。

奥蓼科です。

『明治温泉』

秘湯とか言われてるみたい。

明治→明らかに治る→絶対治るという温泉。
これは行きたい。
足を元気にしたいもんっ。

ま、1回入ったくらいじゃだめですけどね…

いきついた先には看板が。
ここから車は入れません……

とりあえず温泉に電話をしてみます。
突然来てしまったけどだいじょうぶか?この先入れないってのは…

『あはー、もう来ちゃいましたか。いいですよ、そこから車で入ってきて』

穏やかなおじさま。

明治温泉の敷地内から登山コースみたいなのがあるので、その方々が車おいちゃうと、宿に止まる方がとめられなくなっちゃう、だから一般の人は入らないでってことでした。
しかし、この道、せまくてくねくね。恐いっ。

じゃーん。


IMG_0270.jpg


古風な感じ。
川の流れる音もするよ。

『どうぞごゆっくり』

おじさまはデスクワークへ。


地下へ降りて行くと、綺麗な脱衣場。
だーれもいない。
お風呂は。

焦げ茶色の木を基本とした壁で、やはりここも古風な感じ。
落ち着く。

IMG_0268.jpg


内風呂は熱めのお湯と25度という水風呂。
なんと15m先でこの温泉は湧き出ているらしくその温度が25度。
この水風呂はそのままのもの。

熱いところに入って水風呂に入ってを繰り返すといいらしい。
長く入らず、短めにって書いてあった。

写真は窓つきの外風呂。
露天とはいえないけど、外はよく見えるし、すぐ下が川。
雨上がりの木々についてるしずくが綺麗だった。

秘湯というだけあります。


そしてそして、最終日。
フルーティーに会ったあと、東京へ戻りつつの最後の温泉。

『ほったらかしの湯』

ここは、この旅1番の温泉でした。
なにが?
それは景色です。

甲府市街が見渡せて、お天気がよければ富士山も見える。
こんな解放感ある露天初めて。

ほったらかしとかいうけど、脱衣場も綺麗だし、ちゃんとした温泉です。
ネーミングの由来はなんだろうなぁ。

ここ、テレビで紹介されてから有名になってしまったみたいです。
それまでは知る人ぞ知るって感じだったみたいよ。
この日は観光バスとか来てたけど、お風呂の中は2〜3人。
みんなどこにいたんだ??

とにかく景色が綺麗でお湯もぬるめなのでいつまでも入っていたい気分。


『あっちの湯』と『こっちの湯』っていうのがあって、私は小さい方に入りました。
大きい方は2倍の大きさだって。
こっちは日の出前からあいているみたいです。
日の出を見ながら入る露天風呂、なんて贅沢なんでしょう。
また来たいな。


今回はめずらしくたくさん温泉に入りました。
こんな休日もいいですね。
左足くん、日頃の疲れ癒されたかな。



☆ちょこっと旅 in 山梨〜紅葉編〜へ続く

スポンサーサイト

| ☆その他☆ | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://shinyhorses.blog.fc2.com/tb.php/638-cc84f67d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。