☆ Shiny Horse ☆

Horse in my heart …馬とすごす素敵な日々

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ある日の馬房掃除

最近増々忙しい日々。
薄馬衣を着始めたので、脱ぎ捨てられたものを誰のものか一致させるのが一苦労な季節がやってきました。

昨日、今日は職場体験で中学生が1人お手伝いしてくれました。
といってもクラブの会員さんでもあるので、馬のことはわかってるから即戦力。

先生たちとの会話がおかしくて、呼ばれると
『なに?』
とか、
『え?』
とか。

これじゃ、職場体験にならないよねぇ。
緊張感なんてゼロ。
すぐ休憩しちゃうし〜っ。

そんな光景をほのぼのと見てました。
中学生だもんね。

さて、馬房掃除。
最近は、私が入っても、振り返って
『あ、きたの〜っ』
くらいで、まったりしたまま全然気にしてくれない感じ。

飼い桶にご乱心になる青毛のU君も、私が入っても
『あ、ありか。どぞ』
って感じで
『お前、なにしてる?』
って怒らなくなった。


しかし、あれだね〜、声を大にして言いたいっ。

馬達よっ、私をハエ扱いするのだけはやめてほしい……

しっぽ、あれ痛いよね〜。
ビンタくらったかと思うくらい、バチってほっぺに入るとくぅ〜って言っちゃう。
まさか届かないでしょ〜って思っててもバシッって飛んでくる……痛いし。
てか、いつまでいるんだ、虫たちよ。


そんな彼らですが、みんな協力的で助かります。
私が動く導線を自らあけてくれる。
体に私がよっかかってしまおうが、触れていようがおかまいなし。
よく出来た馬たちで……

遊びたくていたずらっこもいっぱいいるけど。


チャックが好きで、ボロ取りの小さな熊手のようなものをくわえて持っててくれたG君。
今日、また久しぶりに興味津々。

『持つ?』

って渡したら、くわえる。
この前はそのままじっと持ってたのに、今日はそのまま、地面へ近づけて、熊手の先をチップにくっつけた。

あらら??
ボロ取りするの〜??
手前に引くんだよ〜っ。

あ、ざんねん。
熊手のひっかかるとこ反対むいてる〜っ。

そのままどうしていいかわからず、困った顔して固まるG君。

かわいいなぁ。

『はい、終わり。返してね』

返してくれて、すりすりしてくるから、いっぱい撫でてあげました。
目を細めてうっとりしてた。
たまらないよ。

また遊んでみようねっ。


牝馬のVちゃんは、私が虫に腕をさされて、かゆくて

『ひゃ〜、かゆいっ』

って言ってたら

『どしたの?』

って振り返ってきた。

『ここかゆいんだよね』

って見せたら、お鼻つけてくれた。
ありがとね。


2ちゃいの新馬くん、もう会員さん乗せて簡単なレッスンしています。
物見もほとんどしなくて落ち着いていいこ。
人が大好き。
昨日は大先生と調馬策つけて単発障害を飛ぶ練習してました。

『うわぁ〜っ、わっ』


って飛ぶ姿、真剣でかわいかった。


攻撃的なクリゲンジャーは爪が弱くて、足が痛くてかわいそう。
私にはそんなに攻撃的ではないので、足のお手入れやら集牧担当になりつつあるこのごろ。
お手入れの最後に獣医さんからいただいた、爪の血行促進の薬をぬります。
まっくろになる、油分の多い薬なので手も真っ黒。
お湯でもとれにくいんだよね。
だけど、元気な爪が生えて欲しい気持ちいっぱい混めてマッサージを4本分。
本当に本当に治るといいな。
今の一番の心配はクリゲンジャーなんだ。
心から祈って薬をぬってます。
元気な爪になあれっ。


20111011130154.jpg



馬は人のために一生懸命がんばろうとする生き物だってDさんが言ってた。
人がちゃんと向き合っていると、この人のためなら精一杯がんばろうって思うんだって。
そのために人もいっぱい努力して馬と良い関係をつくらなきゃいけないって。
ほんとそうだよね。


私は裏方としてみんなのためにがんばるよ〜っ。
スポンサーサイト

| ☆厩舎仕事☆ | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://shinyhorses.blog.fc2.com/tb.php/639-0f2017fc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。